2017乗りが見る!ビッケポーラー2019の特徴、2018との違い、価格は?

2019/02/16

こんにちは。イソノです。
私はブリヂストンの子供乗せ電動自転車「ビッケポーラー」を2017年3月に買いました。
ビッケポーラーについていくつか記事を書いていますが、それから早2年。
2019年1月現在、世の中に出回っているのは2019年モデルが主流となっています。
※2019年モデルは2018年11月に発売。

そこで、最新の2019年モデルの特徴、2018年モデルとの違いを見て行きたいと思います。
・・・とはいうものの、素人目線から見て、違いを感じられるのは1つ、2つといったところです。
いや、違いが無いから悪いということではありません。私は2017年モデルを買って娘を保育園に送っていますが、2017年モデルはグッドデザイン賞を獲得するなどその時点でかなり完成度が高い自転車です。

そんなビッケポーラーの2019年モデル、2017年モデル乗りの私から見た「違い」というのはどんなところでしょうか?

【関連記事】
>電動自転車ビッケポーラーを購入。前乗せは便利か?何歳まで乗れる?
>ビッケポーラーが納車されたので感想をレビュー、口コミします。電動自転車の魅力はここだ!
>ビッケポーラーを最安値で買うならどこ?安さと安心感を両立するには?
>ビッケポーラー購入後半年経過。子供を保育園へ送る様子など日常風景をレビュー。
>2017年モデルと2018年モデルの違いはこちら

2019年モデルで変わったところ。

ビッケポーラー乗りの素人目で見て、「あ、変わったな」というのは2点です。
※他にも細かい部分で変更点はあるのですが、素人目には分からないので割愛します。

1つ目は手元スイッチの変更です。インターフェースが変わりました。
これは、バッテリー、モーター関連がパナソニック製からヤマハ製に変更になったことによるものです。乗り心地も多少変化があるようです。
(他の人のブログで、ヤマハ製は滑らか、パナソニック製は力強い、というレビューがあります)
インターフェースは変わりましたが、電池の残量表示、アシストの強度の切り替えといった根本的な部分に変わりはありません。

▼2019年モデル

2つ目はバッテリーの持ちです。
これが2019年で変わった最大のポイントだと思います。
バッテリー容量が12.0Ah→15.4Ahと増えています。
これにより、走行距離が次の通り伸びています。

----------------
▼2018年
----------------
・ロングモード(弱):68km
・オートマチックモード(中):49km
・パワーモード(強):39km
 ↓↓↓↓
----------------
▼2019年
----------------
・オートエコモード(弱):78km
・標準モード(中):63km
・強モード(強):56km

これは良いです。1日でも2日でも充電のタイミングが伸びるのは嬉しいです。
というのも、充電するためにバッテリーの取り外しをするのが結構面倒臭いし、バッテリーも重く(3kgくらい?)、他に荷物があったりすると家の中まで持っていくのも割と手間だからです。

基本的なコンセプトは貫かれている

上記の通り、バッテリーの持ちが長くなったのは大きなプラスポイントではありますが、このビッケポーラーのコンセプト自体に影響があるものではありません。
この自転車のコンセプト、特徴というのは「低重心で子供を乗せても安定感のある前乗せシートの電動自転車」です。ここがビッケポーラーの真髄なので、それ以外のバッテリーや重量の多少の変更なんかは枝葉末節という感じです。

子供乗せ自転車を買う時に気になるポイントとしては次の3点だと思います。

  1. 子供を快適に安全に乗せられるか?
  2. 親が楽か?
  3. 値段はいくらか?

1.2.については今までにいくつか記事を書いてきたので、↓こちらをご覧ください。
【関連記事】
>電動自転車ビッケポーラーを購入。前乗せは便利か?何歳まで乗れる?
>ビッケポーラーが納車されたので感想をレビュー、口コミします。電動自転車の魅力はここだ!
>ビッケポーラー購入後半年経過。子供を保育園へ送る様子など日常風景をレビュー。

3については、メーカー希望小売価格は155,304円(税込)です。
が、実際はもう少し安く買えます。
最安値やオススメの購入先については↓こちらをご覧ください。
【関連記事】
>ビッケポーラーを最安値で買うならどこ?安さと安心感を両立するには?

まとめ

ビッケポーラーの最新2019年モデルで変わった部分について見てきました。
大きく変わったのは、バッテリーの持ち時間の長さです。
私が良く使う「標準モード」で2018年モデル:49km→2019年モデル:63kmと14kmも増えています。
これだけ増えると、(もちろん日々乗る距離によりますが)充電するまでに数日間変わってくると思います。

ビッケポーラー乗りの私から見て大きく変わったところはバッテリーのみですが、これはビッケポーラーのコンセプト・特徴からすると枝葉末節の部分。
「低重心で子供を乗せても安定感のある前乗せシートの電動自転車」というこの自転車の”キモ”はブレていません。

私は2年ほど娘を保育園まで送っていくために使っていますが、快適に安心して乗てれいます。毎日保育園へ送っていく少しの間ですが、娘と2人だけの時間も出来ています。
2年間乗った感想として、「これを選んで、少なくとも失敗にはならない」というのは保証できます。良い自転車ですよ。

▼自転車販売で有名な「サイクルベースあさひ」でネット購入すると、送料無料で店頭での受け取りができます。店頭受取ならネット購入の問題点-送料の高さと、(実店舗が無い・遠いため)購入後のメンテナンスのしづらさ-が解消できます。

>ビッケポーラーの詳細を見る 価格:136,978円(税込)



【関連記事】
>電動自転車ビッケポーラーを購入。前乗せは便利か?何歳まで乗れる?
>ビッケポーラーが納車されたので感想をレビュー、口コミします。電動自転車の魅力はここだ!
>ビッケポーラーを最安値で買うならどこ?安さと安心感を両立するには?
>ビッケポーラー購入後半年経過。子供を保育園へ送る様子など日常風景をレビュー。
>2017年モデルと2018年モデルの違いはこちら

-子育てアイテムのこと