電動自転車ビッケポーラーを購入。前乗せは便利か?何歳まで乗れる?

2019/02/26

※この記事は2017年モデルのビッケポーラーについて書いたものですが、2018年、2019年モデルも大きな変化はないので2018年、2019年モデルの参考としてもご覧ください。
>2017年モデルと2018年モデルの違いはこちら
>2017乗りが見る!ビッケポーラー2019の特徴、2018との違い、価格は?

こんにちは、イソノです。
一歳の娘を保育園に送っていくために、ブリヂストンの電動自転車「ビッケポーラー(bikkePOLAR)」を買いました。
先週自転車屋さんで購入して、まだ届いていないのですが、前乗せが特徴のこの自転車をなぜ選んだのか、何歳まで乗れるのか、自転車屋さんから聞いた話も交えて書いていきたいと思います。

【関連記事】
>ビッケポーラーを最安値で買うならどこ?安さと安心感を両立するには?
>ビッケポーラーが納車されたので感想をレビュー。電動自転車の魅力はここだ!
>ビッケポーラー購入後半年経過。子供を保育園へ送る様子など日常風景をレビュー。
>父親・パパへ ― 男でもかっこいい子供乗せ自転車を調べてみた。
>2017乗りが見る!ビッケポーラー2019の特徴、2018との違い、価格は?

そもそも電動自転車はこぐのがかなり楽

試乗してみましたが、びっくするのは、発進時です。
普通の自転車はこぎ始めに多少ふらつきますが、電動自転車はそれがありません。
スーーーっといった感じでかなりスムーズな発進。
子供を乗せることを考えると、こんなに便利なものはありません。
子供の体重が増えてくると、自転車の操作も不安定になってきます。
値段は13万前後と安くありませんが、安心感を買うと思えば決して高く無い気がします。

ビッケポーラーは前乗せが特徴

この自転車は、子供を前に乗せるタイプです。
前乗せだと何が良いかというと、「安心感」「安定性」です。
この2点は自転車屋さんも推していました。

安心感

子供を乗せる自転車には後ろ乗せタイプもあります。 しかし、実際に子供を後ろに乗せてみると分かるのですが、自分の視界に入らないのがかなり不安です。
特に、ウチの娘はまだ一歳なので話しかけても確実に返事をするとも限りません。
ベルトはあるものの、気づかない間に動いて落ちてしまったら・・・という恐怖があります。
しかし前乗せであれば、常に子供の様子が視界に入るので安心です。

安定性

ビッケポーラーはハンドル軸の真上に子供の体重が乗る設計なので、ふらつきにくく、安定性があります。
自転車屋さんで実際に子供を乗せてみましたが、ハンドルと座席が一体化になっている感じなので、ハンドル操作もしやすく安定感が抜群です。
力の無い女の人でも操作しやすいと思います。

何歳まで乗れるのか?

自転車屋さんから聞いた話では、15kgまで乗れるそうです。
15kgというと、女の子の平均体重では3歳11ヶ月までとなります。
男の子では3歳8ヶ月までとなります。
個人差はありますが大体、3歳半ばくらいまでは乗れることになります。

15kgを超えて前に乗れなくなったら?

15kgの体重制限をオーバーして、前に乗れなくなったらどうするのか?
これも既に考えられていて、別売りではありますが後ろにも座席が付けられるようになっています。
もし前の座席が不要であれば取り外して、カゴに付け替えることも出来るそうです。
ちなみに、自転車屋さんいわく、後ろの席は25kgまでだそうです。
これも平均体重で見てみると、女の子では7歳10ヶ月、男の子で7歳8ヶ月までとなります。
つまり、小学生になっても乗せることができます。


間もなく納車されると思いますが、届いたらさらに詳しくレビューしたいと思います。

▼自転車販売で有名な「サイクルベースあさひ」でネット購入すると、送料無料で店頭での受け取りができます。店頭受取ならネット購入の問題点-送料の高さと、(実店舗が無い・遠いため)購入後のメンテナンスのしづらさ-が解消できます。

>ビッケポーラーの詳細を見る 価格:136,978円(税込)


【関連記事】
>ビッケポーラーを最安値で買うならどこ?安さと安心感を両立するには?
>ビッケポーラー購入後半年経過。子供を保育園へ送る様子など日常風景をレビュー。
>ビッケポーラーが納車されたので感想をレビュー。電動自転車の魅力はここだ!
>父親・パパへ ― 男でもかっこいい子供乗せ自転車を調べてみた。
>2017乗りが見る!ビッケポーラー2019の特徴、2018との違い、価格は?

-子育てアイテムのこと